東北大学多元物質科学研究所 新機能無機物質探索研究センター

一覧へ

2016.07.04
松下純一教授(東海大学)、関野徹教授(大阪大学)、殷澍教授(環境無機材料化学研究分野)らによる、炭化チタンの酸化由来アナターゼ相チタニアの合成に関する論文がMaterials Science Forum誌に掲載されました。
“Anatase Type Titanium Dioxide Prepared by Oxidation of Titanium Carbide”, J. Matsushita, T. Tsuchuyama, K. Hamaguchi, N. Iwamoto, X. Wang, J. Yang, T. Sekino, X. Wu, S. Yin, and T. Sato, Mater. Sci. Forum, 860, 92-96 (2016).
アブストラクトはこちら
2016.07.01
亀岡聡准教授(金属機能設計研究分野)と阿部英司准教授(東京大学)らによる研究成果が、Catalysis Letters誌に掲載されました。本研究により、金属間化合物をプラットフォームとした簡便な触媒調製法が開拓され、金属間化合物の触媒材料としての可能性がさらに広がりました。
“One-step synthesis of a high performance Pt-Fe3O4 catalyst: Intermetallic Al13Fe4 as a platform and precursor”, S. Kameoka, S. Wakabayashi, E. Abe, and A.P. Tsai, Catal. Lett., 146, 1309-1316 (2016).
アブストラクトはこちら
2016.06.14
山田庸公研究員(金属機能設計研究分野)らによる研究成果が、国際結晶学連合のオープンアクセスジャーナルIUCrJ誌に掲載されました。本研究により、Sc-Zn正二十面体準結晶の詳細な結晶構造が明らかになり、また相安定化に長波長フェイゾン揺らぎが大きく寄与していることが示されました。
"Atomic structure and phason modes of the Sc–Zn icosahedral quasicrystal", T. Yamada, H. Takakura, H. Euchner, C. Pay Gomez, A. Bosak, P. Fertey, and M. de Boissieu, IUCrJ, , 3 (2016).
アブストラクトはこちら(オープンアクセス)。

一覧へ

2016.06.09
【2016年7月26日開催】第9回 新機能無機物質探索研究センター・シンポジウム 講演会のご案内
2016.03.14
【2016年3月17日開催】第3回先端研究セミナー (新機能無機物質探索研究センター主催)
2015.12.11
第8回シンポジウムの終了の報告 【終了しました】
2015.10.08
【2015年12月11日開催】第8回 新機能無機物質探索研究センター・シンポジウム 講演会のご案内
2015.08.21
第7回シンポジウムの終了の報告 【終了しました】
2015.07.07
【2015年8月21日開催】第7回 新機能無機物質探索研究センター・シンポジウム 講演会 プログラム