イベント|サステナブル理工学研究センター|東北大学多元物質科学研究所

東北大学多元物質科学研究所サステナブル理工学研究センター

イベント

2014年11月5日

「第5回サステナブル理工学研究センターシンポジウムが開催されます」

「サステナブル社会の実現を目指した材料・プロセス・システム研究の連携」と題したシンポジウムを下記のように開催します。

多元研ホームページの情報サイト

主催:東北大学サステナブル理工学研究センター
共催:ナノマクロ物質・デバイス・システム創製アライアンス、物質・デバイス領域共同研究拠点、日本鉄鋼協会東北支部、資源・素材学会東北支部
後援:日本金属学会 東北支部
場所:東北大学多元物質科学研究所材料物性棟大会議室
参加費:無料
技術交流会:レストラン萩 (東北大学片平北門会館2F)、会費4,000円
参加申込および問合せ:氏名,所属,連絡先および懇親会の参加の有無を含めて10月29日(水)までEメールにて東北大学多元物質科学研究所 丸岡伸洋 (maruoka@tagen.tohoku.ac.jp、022-217-5159) までお申し込み下さい。

13:30-13:40   開会挨拶
13:40-14:20   チタニアナノチューブの構造機能チューニング -高次環境エネルギー機能化-
           大阪大学 産業科学研究所 関野徹
14:20-15:00   燃焼合成反応と焼結問題に対する数理モデリングについて
           北海道大学 電子科学研究所 長山雅晴
15:40-15:15   コーヒーブレイク
15:15-15:55   サステナブル炭素資源利用 -資源効率向上と資源安定確保-
           九州大学 先導物質化学研究所 林潤一郎
15:55-16:35   炭素循環システムによる低炭素化社会への貢献
           東京工業大学 原子炉工学研究所 加藤之貴
16:35-17:15   燃焼合成のプロセス工学
           北海道大学 エネルギー・マテリアル融合領域研究センター 秋山友宏
17:15-17:30   総合討論
17:30-       技術交流会



2013年11月28日

「第4回サステナブル理工学研究センターシンポジウムが開催されます」

「サステナブル研究拠点の現状と課題-持続可能な社会を目指して-」と題したシンポジウムを下記のように開催します。

主催:東北大学サステナブル理工学研究センター
共催:東北大学 多元物質科学研究所 材料研究拠点、日本鉄鋼協会 東北支部日本金属学会 東北支部、資源・素材学会 東北支部
場所:東北大学 片平北門会館2F 社会連携スペース エスパス

13:00-13:10    開会挨拶 サステナブル理工学研究センターの紹介
           東北大学 本間格
13:10-13:40   固体イオニクスに立脚した低環境負荷電気化学エネルギー変換デバイスの開発
           東北大学 雨澤浩史
13:40-14:10   素材製造プロセスの速度論的解析の現状と課題
           東北大学 埜上洋
14:10-14:40   素材製造プロセスに関わる高温物性値測定とその場観察
           東北大学 柴田浩幸
14:40-14:50   休憩
基調講演
14:50-15:40   NIMSにおける先端材料研究とオープンイノベーションへの取り組み
           物質材料研究機構 曽根純一
依頼公演
15:40-16:20   戦略的都市鉱山研究拠点(SURE)の開設について
           産業技術総合研究所 大木達也
依頼公演
16:20-17:00   レアメタルをはじめとするサステイナブル材料の課題と展望
           東京大学 生産技術研究所 岡部徹
閉会挨拶
17:00-       東北大学 柴田浩幸



2013年10月12,13日

「片平祭り2013が開催されます」

子供から大人まで幅広い皆様に科学の楽しさを体験していただけるイベント、東北大学附置研究所一般公開「片平祭り2013」が今年の10月12,13日に開催されます。
片平祭りは隔年で催されています。今回の多元研ブースのキャッチフレーズは「ふしぎ、おどろき、おもしろ科学」です。是非皆様お誘い合わせのうえお越しください。

片平祭り2013リンク:http://www.katahira-f.tohoku.ac.jp/