芥川研究室では 有機合成化学・物性科学・超分子化学・錯体化学・界面科学の手法を用いて、次世代の新規な多重機能性複合材料の開発を行っています。有機材料・無機材料の垣根を取り外した、ハイブリッド材料の創製に取り組んでいます。生物分子モーターの機能を取り入れた固相分子モーターの開発、有機強誘電体~強弾性体の新機能開拓、動的π電子系化合物の開発、機能性オルガノゲル~液晶性化合物の開発、らせんナノファイバー、互変異性型多重センサー分子の開発、巨大無機ナノ構造の創製、ガス吸着材料などを研究しています。
 分子デバイスの実現を目指して、ナノスケールの高機能性分子集合体、分子性導体・分子磁性体・分子性強誘電体、分子性強弾性体、有機-無機ハイブリッド材料、有機エレクトロニクスに関する研究を行っています。
詳細はこちら
大学院生の募集 研究室では、一緒に楽しく研究ができる大学院生(修士・博士)の募集を行っています。大学院は、工学研究科 応用化学専攻になります。入試情報は応用化学専攻のHPを見てください。他大学からの入学や博士後期課程からの入学も歓迎しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 詳細はこちら

講義予定 大学院講義「有機電子材料化学」 2017年度 月1コマ
大学集中講義 山口大学、熊本大学、山形大学、北海道大学、大阪大学など(お問い合わせ下さい。)

共同研究 多元研物質・デバイス領域共同研究拠点から申し込みができます(お問い合わせ下さい)。
新学術領域研究「π造形科学」による共同研究も可能です(お問い合わせ下さい)。
最近の研究成果(発表論文)
  • Takashi Takeda, Tomoyuki Akutagawa, Anisotropic Dissociation of π-π Stacking and Flipping Motion Induce Crystal Jumping in Alkylacridones and their Dicyanomethylene Derivatives, Chem. Eur. J. in press (2016).

  • Ken-ichi Sakai, Saki Tsuchiya, Takemitsu Kikuchi, Tomoyuki Akutagawa, An ESIPT Fluorophore with a Switchable Intramolecular Hydrogen Bond: for Applications of Solid-state Fluorochromism and Single-component White Emission, J. Mater. Chem. C. 4, 2011 - 2016 (2016). DOI: 10.1039/c5tc04290a
    Atsushi Funada, Shota Uchikawa, Norihisa Hoshino, Takashi Takeda, and Tomoyuki Akutagawa, Conformational Transformations of (C12H25NH3+)(Pyridinesulfonate) in the Solid State, Chem. Asian J. 11, 915- 925 (2016). 10.1002/asia.201501442
新着情報/2016. 4.18 更新
2016.5.14-15
π造形科学 第2回国際シンポジウム開催(浦和コミュニティセンター)
2016.4.12
三ツ石研&松井研&芥川研合同花見(榴岡公園)
2016.4-
芥川研では5名の新メンバーが加入しました(小林、高橋、西山、小澤、川崎) 。今後の活躍に期待です。
2016.3.25
  高橋仁徳 団長 (博士3年) 東北大学総長賞受賞
2016.3.25
  卒業おめでとうございます。東北大学卒業式(高橋、吉井、姉帯、安田、木村、赤羽、池本)
2016.3.24-27
 日本化学会春季年会(同志社大学)にて研究成果の発表(中根、姉帯、内川、徳富、赤羽、武田)
2016.3.8
 反応棟2Fにて追いコンを開催(手巻き寿司パーティー&金研宮坂研と合同)。
2016.1.26-27
 祝 博士論文本審査(高橋仁徳&吉井祐弥)  研究室第1号の博士号取得
高橋仁徳 Studies on Gas Sorption, Dielectric, and SHG Responses of One-Dimensional Copper Coordination Complexes by Control in the Intermolecular Interactions (一次元鎖型銅錯体の分子間相互作用の制御によるガス吸着、誘電およびSHG応答に関する研究) 
吉井祐弥 Studies on Fabrication of Electrostatic Hydrogen-Bonding Networks and Physical Properties of Phosphate, Tartrate, and Quinoxaline Carboxylate by Design of Organic Cations(有機カチオンの設計によるリン酸、酒石酸およびキノキサリンアニオンからなる静電的水素結合ネットワーク構造の創製と物性に関する研究)
2016.2.
  姉帯勇人君が日本学術振興会DC1に採択されました。
2016.1.25
Amlan. J. Pal 先生講演会
2016.1.10
北大中村研&芥川研 富良野スキー 
今後、恒例化する? スキー合宿(参加者:内川、団長、舟田、芥川+@)
2016.1.7
研究室新年会を開催 
2015.12.16
第二回芥川賞の発表。 修士2年 内川翔太君 
受賞理由 「強弾性ヒステリシスの測定とその他いろいろ」
2015.12.16
忘年会を開催(タイ料理)
2015.9.16
 修士2年の姉帯君が分子科学会優秀ポスターを受賞。強誘電性アルキルアミド置換ピレン誘導体におけるアルキル鎖の影響、第9回分子科学討論会(東京 2015. 9.16-19)
2015.9.16
 博士3年の吉井君が分子科学会優秀ポスターを受賞。(Halo-anilinium)(H2PO4)塩における水素結合構造の次元性およびプロトン伝導挙動の相関、第9回分子科学討論会(東京 2015 9.16-19)
2015.10.
 博士1年の中根君が日本学術振興会DC2研究員に採択されました。
2015.10. 16
MC1研修打ち上げ&田所研(東京理科大)合同飲み会を開催。
2015.10.
新学術領域研究「π造形科学」蔵王合宿を開催しました。
2015.10.8.
研究室の芋煮会を行いました。
2015.9.21
 高橋君が、錯体化学会第65回討論会で、RSC CrystEngComm Poster Awardを受賞しました。高橋 仁徳・星野 哲久・野呂 真一郎・中村 貴義・芥川 智行 「水素結合鎖を持つ擬一次元Cu 錯体の配位子間相互作用の制御と相転移挙動」錯体化学会第65回討論会、奈良女子大学、2015年09月21日
2015.9.
秋の学会シーズンで、分子科学会・錯体化学討論会・基礎有機化学討論会に参加。
2015.9.
ドイツで開催されたISCOM2015に参加(姉帯・芥川)
2015.8.8
 高橋君が、錯体化学会若手の会 夏の学校2015 「優秀ポスター賞」を受賞(2015. 8. 6-8 湯田温泉、山口)。 高橋仁徳、星野哲久、野呂真一郎、中村貴義、芥川智行 「ピラジン架橋一次元鎖Cu錯体のHirshfeld表面解析による構造柔軟性の評価」
2015.8.28
 姉帯君が、東北大学サマースクールにて、最優秀ポスター賞を受賞しました。

Hayato Anetai, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino and Tomoyuki Akutagawa, Ferroelectricity, Electric Conductivity and Fluorescence of Alkylamide-Substituted Pyrene Derivative, Tohoku University’s Chemistry Summer School 2015 (2015. 8. 26-28)

2015.7.
香港で開催されたACCC2015に参加(団長・吉井・芥川)
2015.5.29
日本化学会「低次元系光機能材料研究会」第4回研究講演会 「次元制御とπ造形科学がもたらす物性科学の新展開」を化学会館にて企画・開催しました
2015.5月
2015年5月 新学術領域研究「π造形科学」の目玉企画である「π造形スクール」(他大学大学院生が、新学術領域メンバーの所に留学する制度)により、熊本大学の松田研究室の西さんが研究室に3ヶ月間滞在します。よろしくお願いします。
  •                  あくたがわ犬(吉井作)
  • 〒980-8577
  • 仙台市青葉区片平2丁目1-1
  • 東北大学多元物質科学研究所
  • TEL: 022-217-5654
  • FAX: 022-217-5655
  • Access map

Link
東北大学
多元物質科学研究所
PHyMセンター
学振181委員会
新学術領域「π造形科学」
低次元光機能研究会