東北大学多元物質科学研究所 柴田(悦)研究室


研究内容

研究内容

本研究分野では、国内産業の持続的発展に必要不可欠である非鉄製錬業の活発な状態での持続と、非鉄製錬業を基盤とした金属資源循環システムの構築に向けた研究活動を行っている。

非鉄製錬業は資源循環型社会を実現する上では必要不可欠の産業であり、金属資源循環の中心を担うことで、成長産業へ転換する可能性を持っている。また、今後人口増加と相まって、電気・電子機器の利用が加速度的に増加することが予想される。金属資源を継続的に確保していくためには、様々な製品に使用されている金属を循環利用していく必要がある。

本研究分野では、非鉄製錬業を基盤とした金属資源循環システムの構築に向けた研究活動を行っている。鉱物処理も含めた非鉄製錬学問分野全体に渡る横断的かつ従来の枠組みを超えた研究活動を行い、将来的な金属資源の高効率循環と環境保全の達成を目指している。

具体的には、鉱石のみならず金属元素を含有した様々な二次資源の前処理、主要製錬技術における不純物対策、製錬副産物の処理による有価金属の回収や環境負荷元素の安定化処理など、金属資源循環に向けた研究・技術開発に関して、課題解決型研究や新規プロセス技術開発など、包括的に取り組んでいる。

主に化学熱力学を学問ベースとした研究開発を行っているが、その他にも新規的な物理選別技術など化学熱力学のみでは対応できない技術課題へも積極的に取り組んでいる。

研究内容の詳細はこちら

研究内容詳細へ