栗原和枝研究室

東北大学 未来科学技術共同研究センター(NICHe)多元物質科学研究所

栗原研究室についてAbout KURIHARA Laboratory

栗原研究室では、表面力測定法を中心手段として利用し、
表面や界面の分子レベルでの構造ならびに物質及び分子間の相互作用を
具体的に理解する新しい物性研究分野を拓いてきました。
さらに、ナノ界面評価法を極めるべく、装置の高度化や新しい装置の開発を行い、分子論に基づく新しいナノ界面基盤技術の構築をめざしています。

Research Keywords

  • 表面力測定
  • 共振ずり測定
  • ツインパス型表面力装置
  • 分子組織体
  • 閉じ込め液体
  • 摩擦・潤滑
  • ソフトマター

最新情報Latest News

トピックスTopics

受賞

Florian Le Cadre博士らの低温用表面力装置に関する論文が、ACS Editors' Choice (Sep 14, 2018)に選ばれました。

タイトル

Low-Temperature Surface Forces Apparatus to Determine the Interactions between Ice and Silica Surfaces

トピックスTopics

論文

私たちの論文がSoft Matter誌のカバーイラストに採用されました。

タイトル

Engineering the anchoring behavior of nematic liquid crystals on a solid surface by varying the density of liquid crystalline polymer brushes

研究会・学会一覧