村松淳司ホームページ

日本語版トップページはこちら、英語版はここ
履歴社会活動
Update: 2014/9/30

化学屋のひとりごと

中山平温泉水「玉鳴号」の“ひとりごと”

講義

担当講義は次の通りです
 「微粒子合成化学」 2013年度 1学期
大学院 修士課程 化学・バイオ系 中講義室
毎週火曜日1限 8:50 〜 10:20 
次は2015年です
資料など講義情報はここ
 
 「原子・分子制御工学特論 〜ハイブリッドナノ粒子の合成〜」 2005年度夏季集中講義
大学院 博士課程 英語の講義
資料はここ ppt-file
 
 「環境表面科学」 2004年度で終了となりました
大学院 1学期、界面の物理化学を中心に講義ました

研究

研究室のHPはここ

履歴

昭和34(1959)年3月12日
愛知県豊川市にて誕生。魚座、血液型A型
昭和40(1965)年4月〜昭和42(1967)年3月
愛知県豊川市立豊川中部小学校
昭和42(1967)年4月〜昭和43(1968)年3月
愛知県南設楽郡鳳来町立長篠小学校(廃校へ)
昭和43(1968)年4月〜昭和46(1971)年3月
愛知県南設楽郡鳳来町立鳳来中部小学校
昭和46(1971)年4月〜昭和49(1974)年3月
愛知県南設楽郡鳳来町立鳳来中学校
昭和49(1974)年4月〜昭和52(1977)年3月
愛知県立時習館高等学校
昭和54(1979)年4月
東京大学理科1類入学
昭和58(1983)年3月
東京大学工学部合成化学科卒業
昭和60(1985)年3月
東京大学大学院工学系研究科(化学エネルギー工学専攻)修士課程修了
昭和63(1988)年3月
東京大学大学院工学系研究科(化学エネルギー工学専攻)博士課程修了
博士論文「モリブデン触媒による一酸化炭素の水素化反応」(博士/3月25日)
昭和63(1988)年4月1日
東北大学助手選鉱製錬研究所に採用
平成4(1992)年4月
改組により素材工学研究所に配置替
平成5(1993)年8月1日
東北大学講師素材工学研究所に昇任
平成7(1995)年2月1日
東北大学助教授素材工学研究所に昇任
平成13(2001)年4月1日
東北大学教授多元物質科学研究所に昇任

社会活動

学会活動
日本学術会議連携会員、(一社)日本化学連合副会長、(公社)石油学会理事(東北支部長)、ゼオライト学会理事、ナノ学会理事、(公社)触媒学会代議員、(公社)日本化学会コロイドおよび界面化学部会(IACIS2012)幹事/触媒ディビジョン主査、(公社)日本金属学会編集委員、(一社)資源・素材学会常議員
社会活動
(公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク理事(エコシティ仙台プロデュースプロジェクト震災復興住宅検討委員会担当)、仙台市産学連携フェローグランディ・21ボランティアキャプテン、市民スポーツボランティアSV2004副理事(副代表)、仙台プロスポーツネット(ベガルタ仙台,楽天イーグルス,仙台89ERS)幹事、スポーツコミッションせんだい幹事、東北大学地域復興プロジェクト「HARU」顧問,NPO法人ボランティアインフォ監事、「311東日本大震災・市民とボランティアのつどい」実行委員会委員長、利府町社会教育委員(議長)、利府町サッカー協会理事(参与)
学内
情報戦略会議委員、広報戦略会議委員(「東北大学アニュアルレポート」編集担当、メディア戦略チーム)