米国ロスアラモス国立研究所 Lucchini 博士セミナーのご案内
  米国ロスアラモス国立研究所 Lucchini 博士セミナーのご案内 東北大学多元物質科学研究所エネルギーシステム研究分野では、下記の要領で放射性廃棄物処分研究に関するセミナーを開催することとなりました。ご関心をお持ちの方は是非にご出席賜りますようご案内申し上げます。忙しい時期かと思われますが、ご参加いただけたら幸いです。 本セミナーは東北大学「原子炉廃止措置事業」産学官連携セミナー、セミナーシリーズ「大規模複雑システムのリスクを考える」の第5回を兼ねています。 参加ご希望の方は、ご氏名、ご所属、メールアドレスを以下にご連絡ください。 多元物質科学研究所 エネルギーシステム研究分野 桐島 陽 Tel/Fax 022-217-5143 E-mail kiri@tagen.tohoku.ac.jp 日時:平成28年3月30日(水) 13時30分〜15時 参加費:無料 会場:東北大学多元物質科学研究所 事務棟2階 小会議室 (下記リンクの11) http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/information/campus.html 演 題:Examples of ongoing chemistry research applied to a nuclear waste repository 講 師:Dr. Jean-Francois LUCCHINI 米国ロスアラモス国立研究所(LANL) Repository Science and Operations (RSO) team 概要:放射能毒性の高いアクチノイドを含む廃棄物を処分するために求められる研究とはどのようなものか?米国で現在進められている、核兵器開発により生じた廃棄物の地層処分プロジェクトのメンバーである、Dr. LUCCHINIの講演と質疑応答を通して学ぶ。 It is well known that the chemistry in a radioactive waste repository is rather complicated, especially in a salt environment. Few researchers in the world are working on this narrow thematic. A Los Alamos National Laboratory (LANL) Repository Science and Operations (RSO) team, located in Carlsbad, NM, has been investigating the chemical behavior of α-emitting actinides in brine for the last 10 years. This research activity has been a part of the ongoing recertification efforts of the Waste Isolation Pilot Plant (WIPP) project. The experimental results obtained in this work have been contributing to a better understanding of actinide chemistry in high ionic-strength aqueous solution, which corresponds to the subsurface conditions expected in a geological repository in salt (e.g., the WIPP).  
お名前
メールアドレス
質問内容
この記事に対する上記の質問を送信します。
送信を決定する場合、下の送信ボタンをクリックしてください