多元研  > 佐藤(次)研究室  >  研究紹介・装置
研究紹介・装置

English

 研究紹介

  多元物質科学研究所
新機能無機物質探索研究センター 

  (旧:無機材料研究部門)
環境無機材料化学研究分野

 大学院: 環境科学研究科 環境科学専攻

 

環境化学生態学コース

 

  

ソルボサーマル反応によるセラミックスのパノスコピック形態制御
 
セラミックスのミクロ・メソ・マクロ構造の階層的(パノスコピック)制御による機能性の高度発現について研究を行っている。材料合成には主に、高温水や非水溶媒を利用するソルボサーマル反応を用い、温和な反応条件でセラミックスの形態・結晶化度の精密制御を行い、環境調和、エネルギーの高効率利用、健康維持に貢献する機能性セラミックス材料の創製・機能性高度発現に関する研究を展開している。
 
1) 可視光応答性光触媒の合成と環境調和機能
 
2)セリア系 無機紫外線遮蔽剤の開発
 
3) 赤外線(熱線)遮蔽材料の合成と快適居住空間創製
 
4) セラミックスナノ粒子の合成と高輝度発光材料・環境調和材料の開発
 
5) 非鉛圧電材料の開発
 
 

 クリックで画像拡大

 

 

研究例

 

1)可視光応答型光触媒

2)セリア形態制御と紫外遮蔽特性

3)パイロクロア型チタン酸スズの合成

4)酸化亜鉛の階層構造制御と新機能

5)環境調和触媒

6)ナノ粒子蛍光体

7)誘電体の階層構造制御

 

装置紹介

装置紹介1

装置紹介2

装置紹介3

装置紹介4

装置紹介5

関連記事

関連記事はありません。