多元研  > 和田研究室  >  【10.31】生命有機・物理化学セミナー4:ボルド-大/IECB Prof.J.J.Toulme講演会
【10.31】生命有機・物理化学セミナー4:ボルド-大/IECB ...

1031日金曜1030分よりUniversité Bordeaux, Institut Européen de Chimie et Biologie (IECB) Prof. Jean-Jacques Toulméによる多元研2014生命有機・物理化学セミナー04を実施致します。皆様、ご多忙なこととは存じますが、是非多数のご参加をお願い致します。 

日 時: 1031(金曜日) 午前1030分ー1200分頃

場 所: 多元研東1号館(旧反応棟1号館)3307会議室

(5番建物:http://www.tagen.tohoku.ac.jp/modules/public/index.php?content_id=34

主 催: 東北大多元研・物質デバイス領域共同研究拠点・ナノマクロ物質・デバイス・システム 創製アライアンス

講 師: Université Bordeaux, Institut Européen de Chimie et Biologie (IECB)

     Prof. Jean-Jacques Toulmé

演 題: Regulating, probing and sensing with oligonucleotide aptamers

世話人: 和田健彦

Jean-Jacques Toulmé先生は、核酸化学、RNA科学、特にアプタマー研究の世界的トップリーダーで、数々の素晴らしい論文、総説、著書を発表されています。今回は九州工業大学で開催されるISNAC2014での招待講演のため来日されるのを機に、御忙しい合間を縫って御来仙・御来学、講演頂けることになりました。

今回のセミナーでは、アプタマーを駆使したガンや種々疾患の診断技術、脳腫瘍を始め標的細胞など可視化・イメージングに関するご研究を中心に、最新の研究成果をご講演頂きます。

お忙しいこととは思いますが、お誘い合わせの上、みなさま多数のご参加をお待ちしております。よろしくお願い致しま

Regulating, probing and sensing with oligonucleotide aptamers 

Jean-Jacques Toulmé

Université Bordeaux, Institut Européen de Chimie et Biologie (IECB)

We raised aptamers against many different target molecules, such as foldamers or biomarkers of human tumors. Following physico-chemical characterization, structural investigation, truncation and optimization these aptamers were converted into biotechnological tools such as probes for imaging brain tumors. We also developed methodologies for improving in vitro selection, a tedious and slow process : the use of functional screening speeds up the identification of aptamers. We payed particular attention to the targeting of RNA hairpins. Recently we developed aptasensors signaling the presence of nucleoside derivatives through kissing aptamers.

投稿者  和田 健彦
関連記事

関連記事はありません。