多元研  > 和田研究室  >  【15.2.6】H26共同研究拠点特定研究:メディカル・バイオ[B-2]拡大シンポ
【15.2.6】H26共同研究拠点特定研究:メディカル・バイオ[B-2...

平成26年度 物質・デバイス領域共同研究拠点特定研究

 

次世代メディカルバイオ能材料への展を指向した

生体分子素子技開発 [B-2] 拡大シンポジウム

 

主  催 物質・デバイス領域共同研究拠点・東北大学多元物質科学研究所・附置研究所アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物・デバイス・システム創製戦略プロジェクト

共  催 東北大学多元物質科学研究所・日本化学会・高分子学会・附置研究所アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物・デバイス・システム創製戦略プロジェクトG3 他

日  時 2015年2月6日(金)13:00−1:10

会  場 東北大学 片平キャンパス 多元物質科学研究所 南総合研究棟1階 大会議室

http://www.tagen.tohoku.ac.jp/modules/public/index.php?content_id=34 9番建物)

 

プログラム 〈13:00−18:10〉(敬称略)

13001310  開会の挨拶 東北大学多元物質科学研究所 所長 河村 純一(予定)

13101340   東京理科大学理学部 鳥越秀峰

                            核酸蛋白質金属イオン複合体を基盤とする機能性材料の構築原理の解明

13401410  大阪大学産学連携本部 西嶋政樹

                            「バイオメディカルへの展開を指向した生体高分子を活用した超分子不斉光反応系の構築

14101440  名古屋大学大学院工学研究科 樫田 啓

                            DNA二重鎖を利用した異種分子による光付加反応の機構解明

14401510  筑波大学数理物質科学研究科 池田 豊

                            タンパク質の不活性化を防ぐ新しい修飾法の開発

15101530   コーヒーブレイク

15301600  神戸大学大学院工学研究科 竹内俊文

                            生体分子と人工材料の融合によるテーラーメイド人工生体分子素子の創製

16001630  名古屋大学大学院工学研究科 浅沼浩之

                            ステム構造を必要としない新規リニアプローブの開発 

16301700  京都工芸繊維大学工芸科学研究科 山吉麻子

                            メチル化シトシンに対して配列特異的に結合能を示す機能性核酸素子の開発

17001730   東京大学大学院工学研究科 高井まどか

                            「材料に誘発されるタンパク質の微細構造と機能」

17301800     筑波大学数理物質科学研究科 長崎幸夫

                            レドックスポリマー治療の展開

18001810     閉会の挨拶 物質・デバイス領域共同研究拠点長 垣花眞人(予定)

18302030   意見交換会 

 

参加要領

1) 定員100名 2) 参加費 無料(意見交換会参加費は別途徴収) 3) 申込方法 氏名・勤務先・連絡先(住所,電話番号,電子メールアドレス)を明記の上,電子メールあるいはFAXにて下記までお申込みください。当日参加も可能です。

申込先

980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1 反応棟1号館4階404

東北大学 多元物質科学研究所 和田健彦

TEL: 022-217-5608FAX: 022-217-5609E-Mail hiko@tagen.tohoku.ac.jp

投稿者  和田 健彦
関連記事

関連記事はありません。