多元研  > 和田研究室  >  【9.17-18.】生命有機・物理化学セミナー/バイオ高分子研究会 【バイオ高分子を科学する】
【9.17-18.】生命有機・物理化学セミナー/バイオ高分子研究会 ...

9.17-18.】生命有物理化学セミナ/バイオ高分子研究会 【バイオ高分子を科学する】

 

<趣 旨> 生体内、細胞内でタンパク質や核酸、糖鎖、脂質などのバイオ高分子の局在化や機能発現過程を観測・解析し、理解・応用することは非常に重要な課題です。最近、細胞系など複雑で夾雑物が多数存在する系における選択的・特異的な化学修飾法の開発や化合物の機能解析、複雑系での標的化合物の同定と機能同定法開発、生きた状態での細胞機能観察や機能制御、そして機能分子の高効率迅速解法開発など興味深い研究が注目され、推進されています。今回のバイオ・高分子研究会では、これら分野の第一線でご活躍されている先生方に最新の研究成果をご講演頂きます。 “科学する”をキーワードに最先端研究の現状をご紹介頂くと共に、今後の展望、研究の方向性についてもご講演頂き、皆様と議論できればと思います。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

主 催: 高分子学会 バイオ・高分子研究会、

共 催: 東北大学多元物質科学研究所、物質・デバイス領域共同研究拠点、ナノマクロ物質・デバイス・システム創製アライアンス

日 時: 平成27917日(木)19:00 918日(金)13:10

会 場: 秋保温泉 ホテルニュー水戸屋 (〒982-0241 仙台市太白区秋保町薬師102

情 報: TEL022-3982301 http://www.mitoya-group.co.jp/

交 通: [行き] 高分子討論会会場 東北大学川内キャンパスから送迎バス(約25分)

      [帰り] 会場からJR仙台駅まで送迎バス (約30分)

プログラム

第1日=9月17日()

<19:00> 意見交換会

第2日=9月18日()

<8:509:35>
1.
天然物と相互作用するタンパクのケミカルバイオロジー (東北大学大学院理学研究科)上田  実

<9:3510:20>

2. 膜蛋白質の生細胞有機化学と超分子化学 (京都大学大学院工学研究科)浜地  格

<10:4011:25>

3. 生きた胞内の分子を操作する新たな光技 (東京大学大学院理学研究科)小澤岳昌

<11:2512:10>

4. トンネル電流によるDNA・RNA・ペプチドの1分子識別 大阪大学産業科学研究所)谷口正輝

<12:2013:00> 昼食
<13:10>     送迎バス出発    <13:45>     JR仙台駅到着予定

 

参加要領:

1) 定員: 70

2) 参加費(税込) 企業:5,400円、大学・官公庁:3,240円、学生:2,160円、バイオ・高分子研究会メンバー:無料

3) 宿泊費 (13食付・当日支払い): 15,000円、学生 12,000

意見交換会は研究会の前日に開催しますので、できるだけ917日からご参加ください。

910()以降はキャンセル料が発生します。

4) 申し込み方法:高分子学会ホームページ(http://www.spsj.or.jp/entry/)からのお申込みの上、参加費のみをご送金下さい。宿泊費は当日徴収いたします。プログラムは変更になることがございます。最新情報はHPでご確認ください。

5) 申込締切: 831()

6) 振込先: 銀行振込 <三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 公益社団法人高分子学会>

           郵便振替 <00110-6-111688 公益社団法人高分子学会>

           振込手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。

           銀行・郵便振替の領収書をもちまして本会からの領収書にかえさせていただきます。

連絡先: 東北大学多元物質科学研究所 和田健彦  E-mail: hiko@tagen.tohoku.ac.jp TEL/FAX: 022-217-5608

申込先: 〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9新富町ビル

         公益社団法人 高分子学会 14-1バイオ・高分子研究会係; TEL 03-5540-3770 FAX 03-5540-3737

投稿者  和田 健彦
関連記事

関連記事はありません。