当研究室

 

新規セラミックス素材を求めて

 多種元素の組み合せからなる無機化合物には未開拓の物質群が数多く存在し、既知の材料にはない特性をもつ物質が潜んでいる可能性があります。私たちの研究室では固体化学の観点から、新規多元系無機化合物の探索と、活性金属を用いた活性反応場を利用した新規合成法の開拓をすすめ,得られた物質の構造解析や特性評価を行い、それらの新しいセラミックス素材としての可能性を探求しています。新規物質の発見が直ちに実用材料に結びつくことは希ですが、未知の性質を有する物質が見出される可能性があり、新規物質探査は大学の基礎研究に託された重要な課題のひとつと考えます。
 また、新規物質探査の過程で新たに開発された合成手法を応用して、既存の素材の高品質・高機能化を図る研究を行っています。従来法では合成が不可能な条件で、様々な形態を有するセラミックス素材の開拓を目指しています。

山根 久典

 

関連記事
投稿者 佐藤 卓
南部助教ご栄転2010年4月の東大物性研着任から5年間、本...
投稿者 水崎 純一郎(兼)
教 授 :   佐藤 修彰   准教授:     桐島 陽...
投稿者 佐藤 卓
当研究室(スピン量子物性研究分野)の羽合孝文さん(D1, ...
投稿者 高橋 正彦
当研究室のM1学生・中澤博之君が、原子衝突学会第38回年会...
投稿者 稲葉 謙次
当研究室で立体構造が解かれた代表的なタンパク質を並べてみま...